FC2ブログ

素っ裸の男だらけブログ

男のカラダ画像 素っ裸ゲイブログ Ver.2

パンツを売った

パンツをフリマアプリで売った。

ズボンでなく下着のボクサーブリーフ。

もともとパンツにはあまりこだわりなく、多分一年に一回くらい買うか買わないかくらいだけど、そろそろ新しくしようかなと思い、タンスを整理してたとき思ったんです。

このパンツ売れたりするのかなぁ?って?

さっそくフリマアプリ探したところ、それなりに取引事例はあるものの、パンツはほとんど当然だけど新品か一回履いてサイズ違いで出品とかばかり、一年も履いて若干シミついたようなやつはほとんど見当たらない。

とはいえ、出品は無料だし、売れたらコーヒー一杯分くらいという考えで出品することに。

買うのは恐らく?ゲイだろうから着用した写真がいいかなと思い、ひざ上からお腹あたりまでの写真を撮ったけど、あまりにも生々しく、アプリ運営側から怒られるのも嫌なので、床に平置きして一枚500円と値付け。

顔とガタイが分かるイケメンが履き倒したパンツなら売れるだろうけど、名も年齢も容姿も知らないパンツはさすがに無理かなとも思いながらそのまま放置していました。

が!

翌朝のフリマアプリの連絡ページになんと3人からメッセージが!!

プロフ、汚れ具合、チンポサイズ、履いてるとこの写真要求、、、

エロトークするつもりもなかったので、事務的に回答したところ、そのうちの1人が購入することに。

こうして、一年履きたおし少しシミついた下着2枚が1000円で売れました。

他人の性癖にどうこう言える立場でないけど、まさかまさかでビックリ。

次は生写真とか入れて売ろうかな 笑
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

ケツ穴と指

風呂上りのノンケ友達に背中をマッサージしてくれと言われたのでふざけてパンツ下ろしてこんなことしてみた。
あ、もちろん相手のノンケは俺がゲイって知ってます 笑
201708029.jpg

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

ヌード

そりゃ、いきさつにはいろいろありました・・・が、ヌードモデルになった話です。

マジメなデッサンモデルなので最後までエロは無しですが多くの人前で素っ裸になってチンポをさらけ出した話です。

引き受けることになってから当日までの3週間、意味もないのに一日おきにジムに通い朝晩プロテインを飲み、少しでもよいカラダにしておこうと頑張り続けました。

人前でチンポをさらけ出すことのドキドキより、少しでも筋肉つけようという方に気が向いてました。

そんな日が過ぎ去り、一気に当日はきました。

あまり詳しく書くとデッサン会の主催がばれてしまうので書けませんが、夏休みの学生+一般人が対象となったデッサン会。事前に聞いていた参加者の男女比は恐ろしいことに女性8 男性2。マジメなデッサン会とはいえ、やはり男性モデルとなると男性比率が少なくなることが多いとのこと。しかし女性が多すぎるだろ・・・

場所は街中の貸し会議室。モデルは30分前集合ということで会議室に入ると早くも描きてが数名。一気に集まる視線は「あ、この人モデルね・・」という服を透視されて視姦されているような強烈な視線。 

担当者ぽい人にモデルで来たことを小声で伝えると控室、といってもパーテションで囲われた区画に通された。その間も刺さるような視線は自然とチンポを刺激し始めました。

控室にはもう一人若い、ほぼ大学生のモデル、目を軽く合わせ会釈。ポーズは担当がつけるからそれに従ってくれればいいとのこと。時間は前に聞かされていたとおり20分休憩挟んで20分というもの。

そんなフワーとした時間もすぐに過ぎ、あっという間に開始時間が数分後に迫る。

その場で一気に脱ぎ捨て係りの人からよく見る感じのバスローブを渡され、準備OK。不思議にチンポはまったくというか、まったく反応せず、それどころか半分皮が被っている状態。

いつもズルムケなのに、なぜかこのタイミングで半被りになるチンポを少し引っ張り見え剥きのように亀頭を出して待つ。

「そろそろいいですか?」

そう促され、会場へ登場。

全部で15名、聞いていたより多い人数にややびびりながら半円形に囲まれた中央に立ちガウンを脱がされる。

ふと気が付き我にかえると、15名の中央で素っ裸の俺という空間。急にやばい変化がカラダに現れた。

その一つは恐ろしいワキ汗。こんなに汗出るか?というほどのワキ汗が噴き出る。
そして、もう一つはもちろん。。。チンポ。

右手を頭、左手を腰というこれまたよくあるポーズをつけてもらうものの、ドクドク脈打ち始めるチンポは早くも半勃ち、、、勃起を収める方法としてひたすら、たまっている仕事や上司への報告方法を考え始め、とにかくチンポから気をそらすことに専念。ふらつくチンポは正常時と半勃起を周期的に繰り返すものの、なんとかコントロールできる状態に。

「はい10分」

(え、、まだ10分!!!?)

その瞬間今まで絶対目を合わせないようにしていた描き手と目が合ってっしまった。さっさと目をそらせばいいのに、なぜかさっさと目をそらすのも変かな?なんて思ったとたん、今度は完全な羞恥プレーモード。描き手の手が動くとチンポを写生されているという気分になり、落ち着いていたチンポの脈打ちがまた復活。

慌てて目線を天井にもっていくものの、またまた数分半勃起と正常時をいったりきたり。ワキ汗は流れるし、我慢し続けてるチンポには力を入れ過ぎているせいか小便か先走りのようなものが出ている感覚。

まさかチンポを確認するために頭を下げるわけにもいかず、ただただチンポから汁が出ませんようにという祈りとともに勃起を抑えるためにとにかく違うことを考えまくる時間が続く。

「はい休憩です」

勃起も汁もセーフのまま終わりました。 

学生モデルの待つ控室へ逃げこみ用意されたお茶をがぶ飲みして座り込んでしまいました。。。

そんなモデルデビューの日でした。

担当者曰く、勃起するモデルはいるし、そうなったら勃起休憩とるから別に気にするなとのこと。いやいや、、気にするよ。。。それに勃起休憩なんて取られたらもう二度と再登場できないだろ。。。

それにしてもすごい経験だったなぁ

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

久しぶりのホテル目隠し待機体験 その2

ベッドの上で仁王立ち。勃起チンポの重さを感じながらも、どうすればいいか分からず立っていると、指示が始まりました。

女達「両手を頭に!」

言われるがままに両手を頭に、チンポは引き続き元気にブラブラ

女達「揺らしてよ、もっと」

チンポとは言われないものの、チンポを揺らせと言われてることくらいわかるので少し屈伸しながら上下にユサユサ。。女達は大爆笑、もう少し恥ずかしそうに声小さく笑うもんだろ?と思いながらも、普通に大爆笑の勢いを前にして完全に上下関係が出来上がりました。そして超早漏の俺は興奮がマックスになり、いつものように我慢汁があふれだしてきました・・・

女達「うぅわぁあああ」「出てる」「もう出てる」

すると、不意打ちのように雑誌かパンフのようなものでチンポをはたいていじめてきたんです。これはさすがに無防備すぎために、思わず腰を曲げてチンポをかばう格好に。

女達「両手上でまっすぐ立つ!」

次はどんなものを使ってチンポを叩かれるんだろうと少し恐々と立ち続けていると、その後もいろんなものでチンポを叩かれたり、上下左右にゆらされたり、つままれてキンタマ丸出しにされたりし続けられること数分、いきなりフィニッシュ命令がきました

女達「じゃあこのまま自分でオナニーしてよ。オナニー見られたいんでしょ?」

見られたいけど、できれば扱いてほしかったのに・・・と思いつつも、仰向けになりながらシコシコ、、、、ものの一分もしないうちにドップリと胸あたりまでザーメンを飛ばしてはてました。すると、また不意打ちのようにティッシュで胸に飛んだザーメンをふいてくれたと思うと、今度はそのティッシュを顔や口回りにベットリ塗ってきた。

女達「臭い。汚い。もう行こ!」

いきなり終了宣言を受けたと思ったら、最後にまだ半勃起のチンポをはたかれて出ていかれました。これまでかなり多くの男やカップルに見られてしごかれてきたけど、今回の女子はかなり刺激的でした。なんとか最後まで男らしく勃起を続け見せつけることができたのがせめてもの救いかな?あの後、3人で俺のチンポをネタに笑ってるかと思うとそれもまた嬉しかったりして。。ますます変態になりそう。笑

(終わり)


テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

久しぶりのホテル目隠し待機体験 その1

1年以上ぶりの地方ホテルで目隠し待機体験。

お盆休み直前の出張。場所は地方県庁所在地、宿泊は駅前チェーンビジホ。

仕事も楽で昼過ぎにメンズネットに久しぶりの投稿してみた。
「駅前ホテルで目隠し全裸待機。フェラとか無しで巨根いじってくれる人募集」

休み前の地方だからか日中だったからか冷やかしメール一本だけで全く返信ない中、唯一本気っぽい返信があったのが「女子3人でもいいか?」とのメール。普通、1時間もしないうちに相手が見つかるなか、3時間たっても相手が見つからなかったので、迷ったあげく3人女子にOKを出した。

夜10時の待ち合わせまで5時間以上あるなか、細かい確認メールが連発されてきた。「見るだけ、触らない、目隠しは最後まで、服着てろ、シャワー浴びとけ、他には呼ぶな、指示通りに動け、、、」 こんな俺にも男のプライドあるんで、年下女子からの命令調に少しウンザリするものの、自慢の巨根を勃起させて見せつけてやろう!と逆に燃えてきた。

しかし、女子3人で全裸男鑑賞ってどんな女子なんだ?と若干不安は続く・・・

そんなこんなで夜になり、指示通りシャワーを浴びてチンコを綺麗にし、ホテルの浴衣を着てスタンバイしていると、約束の時間5分前頃「ホテル前に着いたから、目隠し半ドア待機しろ」とのメール。

久しぶりだし、いつも以上に異常な相手なんで早くもフルマックス状態のチンポが浴衣をモッコリ突き上げてた。指示通り室内電気を全部つけ、目隠し、ホテル浴衣のままベッドに大の字仰向けで待機。 メールから数分後、廊下を歩く人の音が部屋前で止まり、半ドアにしたドアからガチャっという音がして、ざわざわ服の擦れる音とともに女子達が入室。

入ってくるなり声も潜めず普通に高い声で話しながら入ってくる女子。 普通、少し声小さくこっそり入るだろ?!一瞬、その普通過ぎてエロさがない普通女子の勢いにひるんでチンポ萎えそうになったけど、頑張って勃起維持する俺。

女達「うわ!マジてやってる」

俺(無言で様子をうかがう・・)

女達「どうする?脱いでもらう?」
女達「じゃあ、まずベッド上に立って脱いでよ」

俺(いきなり脱げにひるむが、無言でうなずき、ベッドの上に目隠し浴衣のまま立ち上がる)

女達「(間髪いれずに)脱いでー」

俺(浴衣を一気に脱ぎ落とし、パンツも一気に脱いで勃起チンポを跳ね上げさせる)

女達はまったくひるまずに手を叩いて大爆笑・・・

(続く)

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

次のページ